地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

地頭力を鍛える。

いままで、知識力を圧倒させることで、
ビジネスやチームでの地位を築こうとしてきました。

気付くことが遅すぎましたが、
地頭力を鍛えることで、東京のスピード/情報量についていくしかありません。

本当にうまくいかないことばかりで、
毎日もがいています。

きれいにヒットを打つこと。
相手の裏をかいて、簡単にアウトを取ること。

こんな綺麗な形を美学だと考えてきました。
もちろん、そのための努力は必要です。

今までの世界は、綺麗な形で決めることに価値がある。
完璧なものを出すまで外に出してはいけない。

失敗はしてはいけない。

これは、銀行員時代に知らぬ間に内製化されていったのかもしれません。
そもそも先天的だったのかもしれません。
失敗を恐れてしまう自分が居ます。

マイナスを作るくらいなら、そのままにしておけばいい。
社長様に突っ込んだ一言も言えず、なんとなく逃げてしまうことも。

そんな自分とは、9月でお別れです。
今日からまた新しい挑戦が始まります。

今までの自分とおさらばして、
明日から、今日から!