地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

コンサルタントを活用するということ。

toyokeizai.net

 

自分たちの仕事について、毎日考えています。
どんなコンサルタントになるべきかを日々考えています。
※個人的には、僕の仕事はコーディネーターだと思っています。
やっぱり理想とする関係性は、
前職での金型孫請け企業様や資産家の男性のような感じだと思います。
1日2日で弊社サービスを気に入って使ってくださることも大事だけど、
ながーいお付き合いの中で使って頂ける。
考え方は、地銀の域を出ていないのかもしれない。。。

少しずつそういうお客様が出来ているような気がします。
純粋に力になれるように。

そんな中で、目にしたこの記事!!!!!

やっぱり戦略は、経営者が決める。
その戦略に沿って、コンサルタントの戦術を取り入れる。
実戦経験のあるコンサルタントのお陰で、
よくある失敗を回避する。
これがサーキュレーションのサービスでもあるのかもしれないですね。

となると、初回訪問でのゴールは、
経営者に夢を語らせる
→どうすれば夢を語ってもらえるのか。。。。

となれば、やはり自己開示が必要で、
サービス説明に魂を乗せることが大事なのかもれない。。。

アポイントという入り口が本当に難しくて、
ここに対しても、資料を送り、電話を何度もし‥
僕にはこのやり方しかないのかもしれません。
その分濃いお客様を作る。
インテリジェンスにはないやり方で、僕なりにやろう。

明日もいいことをたくさん集めて、いい月末にしましょう!