地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

無限の商圏で認知度を上げる壮大なる実験

最近仕事で、
EC事業について考えることが多くなっています。

ECの特徴とリアル店舗の違いについて、
そしてネットで認知度を上げる壮大なる実験について、
書いていきたいと思います。


唐突ですが、タイに旅行した時、感じたことがあります。

f:id:takahero14:20170305212017j:plain

あの有名なカオサン通りだけでなく、あらゆるところに露店があり、生活用品を売っている光景を目のあたりにしました。
日本のお祭りが毎日開催されているイメージです。
これが、彼らの日常です。
かつての日本も小さな商圏で多くの人が商売をしていたんだと思います。

中主はまだ小さな商圏が生き残って居ました。
銀行時代に融資していた小売店の商圏は、町内のです。
ターゲットは、町内の人。
売上は1億円に満たないものでした。

GMSの出店に伴い、toC向けの売上は減少するばかり。
地縁を活用したtoB向けの卸で業績を食い止めている状況でした。
GMSは、町内の人だけでなく、隣町からもお客様を集客します。


つまり、GMSが、商圏を広げたのです。
一般的にですが、1〜3㎞の商圏が10〜15㎞に商圏に変化したと言われています。
戦うべき相手が変化し、戦略が変化しました。

f:id:takahero14:20170305220334j:plain

 

商圏という面で区切ると、ECは更なる革命を起こします。
Eコマースの戦場は、物理的な距離を飛び越え、ネットで売買なされます。
理論上は無限の商圏を持つ業態を生み出したと捉えることが出来ます。

敵は、世界です。(現実的には国内ですが)

 

もう一つ大きな違いは、開店当日です。
実店舗は、集客の面で行くと開店日が最大化されることが多いです。(オープンほど混むことはないでしょう。多分)
建物が建設されている段階で、多くの人から興味を引き、認知されます。

一方、ECは、誰にも気づかれることなく、立ち上がります。認知されなければ、誰にも見られません。そう、このブログみたいに。笑
存在を知ってもらわないと何も始まらないのです。

つまり、ECは認知してもらうことに多くの労力を割かねばなりません。

アクセス数を上げることが最初の難関です。
方法としては、多くのものが考えられます。

ECではないですが、どうすれば認知度が上がっていくかをこのブログを活用しながら、壮大なる実験をしていこうと思います。
まずは、毎週更新と質の向上。
頑張ります。

目標は、毎月1000アクセス!
毎週250アクセス、毎週2記事をKPIに設計。
継続は力なりということで、暖かく見守ってください。