読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

自分を変えるために

BOOKs 考え事

ずっと見ているものの変化には気づきにくいものです。


事実として、自分を変えたいと思いながらも、
突然ダイナミックに変えることは、出来ないと思っています。

特に自分を変えようと思っていなくても、
人の細胞は入れ替わり、同じものであり続けているわけではありません。

これは、福岡さんの動的平衡ダイナミック・イクイリブリアム)に影響を
受けている考え方です。

honto.jp


ふと振り返ると、
4ヶ月前に入社した時の会社と今は大きな変化があるようにも感じます。
この変化を感じられるのもベンチャーの醍醐味なのでしょう。

今回は、常に人は変わリ続けている。
本質的な問題は、変化に意思を反映できているのか。

言葉を少し変えてみると、変化に再現性を持てているのか。
今日は、「スタンフォードの自分を変える教室」からの学びを
記録したいと思います。

matome.naver.jp

 

NEVERにもまとめられています。
大ヒットの一冊、3年遅れで手に取った奥村の周回遅れたるは、何たるものか。笑


内容を一言でまとめてしまうと、

「自分が望んでいる姿になるためにの小さな積み重ねを続けるための考え方、環境の整え方を科学的に分析した一冊」という感じです。


心に響いたのは、
●考えごとで頭がいっぱいのときは、長期的目標を見失ってしまう。
→今まさにこの状況に陥っています。
 不思議と長期的目標に背く行動を取っている自分が居ます。
 

改善の方法

行動を振り返るのではなく、なぜその選択をしたのかを振り返る。

この言葉は、非常にしっくりきています。
自分を冷静に分析する。
その選択をした言い訳を分解していきます。
必ず要素は複数あると思います。
人間ってシンプルな生き物ではないので、大変です。

きっと自分が甘くなってしまう言い訳の要素があるんだろうと思います。
僕の場合は、他責です。
もちろん、他責の根本にはもっと根深い問題が潜んでいますが、
ここでは割愛!笑

みなさんは、いかがでしょうか?

まずは、自らの長期目標を振り返る時間を作り、
そのための小さな選択の背景を理解することから、
始めてみるのはいかがでしょうか?

www.daiwashobo.co.jp