地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす!

著:小室淑恵(ワークライフバランス代表取締役

 

◯サマリー

仕事と私生活が相乗効果を生み出す状態をゴールと設定し、疲労困憊な職場を大改革。残業の要因は、仕事量ではなく、方法にあり、仕事を時間内に終わらせるにはどうすればいいのか考える。つまり、働き方のスキルアップと時間の処理能力の向上、業務の取捨選択で、人手不足時代を乗り切れるというのだ。

様々な企業の取組として、「12-14時のがんばるタイム(私語や立ち歩き禁止の時間設定)」や「一つの仕事を2時間以内に終わらせる予約システム導入」を取り上げている。どうすれば、仕事や業務に動機づけさせるのかを徹底的に考えている一冊。

そして、2つの視点で描かれている。

1つ目は、メンバー視点。

「成果を出さないと残業も減らせない」のではなく、「残業を減らす施策を思い切って実行した企業」によい結果が出ているという事例。業務を全てしなければならないのは幻想。捨てる決断が重要であるということ。

次は経営者視点。メンバーが働きやすい環境を整える先行投資が必要。そこで、重要となるのが仕事や業務の動機づけ方法。切り取った業務の全体での役割を見せる、契約社員の会議参加、後輩指導を成果に反映する仕組み、退出勤管理から分析等の取組が効果を持つ。

今の仕事を見直す一冊。お正月だからこそ、いい考える時間になりました。

 

 

◯考えたこと

明日からこの本をどのように活かすのか。事前準備と優先順位を見つめ直してみようと思います。

【事前準備】

何故事前準備をするのか、ゴールは何かを設定する。

【優先順位】

優先度と重要度のマトリクスで仕事管理する。

 

www.geekjob.jp

 

詳しく記載されているページを載せました。
Dの領域を捨てるという決断も見えてきますね。
一度立ち止まって考えるべきかもしれませんね。

ぼくは、友人のすすめもあり、フランクリンプランナーの手帳で仕事管理することにしました。

最高の1年にするために、最高の方法をゼロベースで検討するのはいかがですか?