地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

貯蓄から投資は成功するのか。

マイナス金利

インフレ

長生きリスク

 

政府が中心になり、お金を貯蓄から投資に移動させる政策に取り組んでいます。

 

 

銀行員である私も例外でなく、

預金を預かり資産にしてもらうために日々お客様とお話しております。

 

zuuonline.com

 

さて、この記事のように本当にろくな人材がいないのか。

 

実際の話をしましょう。

 

記事のように私は、売り子です。

投資信託保有のお客様の運用状況を見てみると

大半がマイナスの運用。

 

なぜなのか?

 

銀行窓口で購入される人の多くは、資産運用の初心者。

上級者は、証券会社で運用していることでしょう。

 

どういったことが起きるのか?

 

今、人気の商品を購入することになる。

人気の商品=値上がりしている商品

つまり、高値に購入してしまうのだ。

だからこそ、その高値を超える基準価格での運用はむつかしい。

 

銀行員も「今はこれが人気だから、これを売れ」と指示されて、売り込む。

銀行員もお客様も幸せになれない。

 

なら、もっと銀行員勉強しろよと。。。。

 

言い訳になりますが、

記事のように今後の銀行の収益は預かり資産の収益が必要不可欠であるにも関わらず、

事業性の融資の前に若手が経験する登竜門であり、

女性の活躍する場所という認識が強いように感じます。

ゴールではないため、知識不足であることは否めない。

さらに生命保険の知識も必要とされており、

業務の幅を広げすぎたあまりに浅すぎる認識なのだ。

 

必要なのは、行員の人材教育。

そして、主体的に資産運用に取り組むお客様の金融知識の教育。

 

先行投資が必要である。

ある程度の職務別採用も必要ではないだろうか。

 

あるいは負担を軽減するITの導入。

 

現場は、疲弊し、ゴールを見失い、プロフェッショナルが生まれない。

企業としての成長は見込めないだろう。

 

ならば、地銀はいかにして生き残れるのか。

答えは明白である。