地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

生まれ変わり?

今日は久しぶりにスーツを着ない一日。

僕が生まれて4日後?に亡くなった

大ばあちゃんの23回忌でした。

 

20人以上の親戚が家に集まってお正月気分(*^▽^*)

お昼からお酒飲んで、やっと目が覚めてきました(>_<)

昨日は、ベンチャー、青いメガの社員の方と

かなり近い距離で話す機会がありました。

 

心に残っている言葉があります。

マイノリティーがあるからマジョリティーがある。

 

気が付けば、マイノリティーになることに

恐れている自分がいるのかもしれません。

 

本当に過去、現在を含めた考え方をお聞きして、

お話もさせてもらいました。

 

本当に心地よくて、2時間半の時間があっという間!

 

今分かってきたことは、

1つの業界の視点で働きたくないということです。

 

40年の視点で見て、

安定とはあり得るのでしょうか。

 

力を付けたい。

 

イメージとしては、一つのものに特化するより、

基盤を大きくしていくイメージ。

 

僕の強みは、バランスだと思うのです。

というより、バランス感覚を常に意識しています。

 

組織によって、立場によって、周りによって、

最適の自分になる。

少年野球の監督から

オールランドプレイヤーで助かったというお言葉。

サードから始まり、外野、ピッチャー、キャッチャー。

全ポジションを経験しました。

 

社会人チームでも様々なポジションで出場しながら、

チームの戦略にフィットすることを意識しています。

 

ISC59

WYTS04

ISA京都支部

東進

カタリバ

ゼミ

MBC

 

様々な組織を経験しながら、

バランスよく様々な角度から物事を見ることを

意識していました。

 

これこそ、僕の強みかもしれません。

 

あと1か月でこれから数年間のあり方が決まってしまうと

考えるとなんだか怖いですね。

 

内定内定と考えるのも分かるけど、

将来を決めるとという視点も大事にしなければ…

 

リスクを負うことから逃げず、リスクを負って生きる。

1年前の年末に聞いた言葉。

リスクを負うことを恐れないで。