読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

最終章突入!

考え事

寒すぎる。

今日は、ベンチャー企業の説明会!

驚いたのは、高校時代の友達に会いました笑

で、企業の方はとても魅力的で、

僕が持っている問題意識を共有できる企業でした!

 

最近は、ESラッシュで毎日2本のペースでES書いてます。

働きたいと思った企業には、すべてアプローチしようと

思っていて、追い込んでいますww

 

 

話は変わって、

カネカの適性検査のフィードバックが正確過ぎて

感動しました!!!!!

 

まさに思っていることで、びっくり。

こうして企業の人は、人なりを分析しているのか。

機械に測られたくない

機械なんかに俺が分かってたまるか

という思いも打ち消されました。

人間の負けです。笑

 

さてさて、ついに財団への決算資料も作成でき、

残るはバック金だけです!

 

ほとんど引継ぎもなく

会計士さんとの話し合いの中で

やり方を試行錯誤し続けてきました。

領収書シートの変更に伴う貼り直し

項目の変更

いろんなことがありました。

 

けど、つねに考える習慣を与えてくれたのは、

ISCでした。

今日は後輩の田邊にたまたま出会い、話を聞くと…

かなり充実しているみたいで

楽しそうだなーって。。。。

本当に1回生からうらやましいなって。笑

 

STについてもゼンダイで議論してくれいるみたいで。

たぶん、言いだしっぺは僕です。

結論にはきっと正解なんてない。

それは、政治も経済も。

きっと評価されるのは、僕らの時代が教科書に載ることです。

その時、その時代に僕が存在したことなんて

そーでもいいんだろな。

寂しくなってきますね。

でも、きっとそれが当たり前なんです。

寒い冬も、そもそも地球は人間のために

存在しているわけではないから

厳しい環境であっても、当たりまえ。

とりあえず、今の環境に向き合い、

就活にも向き合い、

日々何かを掴んで行きたいものです。

 

 

とりあえず、バック金が完了したら、

コミの誰かと打ち上げしたいと思います。

とりあえず、打ちあがりたいです。

早くお仕事出来るように頑張ります!

 

就活も少しずつ頑張ってみます。

応援よろしくお願いします。