読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

国際感覚を磨く

どーもこんばんわ。

就職活動全くしてません。

別に興味ないセミナー行きたくないと思うと重い腰は上がらないようです。

31日のテストまでは、テストを優先で頑張ります。

 

さて、今日は国際感覚を磨くと題して

なぜISAにいるのかを考えてみようと思います。

 

さてISAのみんなはなぜISAに居続けるんですか?

僕は、自分を磨くためです。

別に場所はどこでもよかったのです。

国際交流なんて興味はなかった。

たまたまISCの財務部長をしたのも

声をかけてもらったから。

ここならいままでの経験を活かせるかもしれない。

さらに新しいことを吸収できるかもしれない。

そー思ったからです。

 

でも、今日やっと国際交流する意味を見つけた気がします。

それは、国際交流によって

自分の引き出しを増やすこと

より広い視野を手に入れること

このように考えると最近やっと英語を勉強したいと

心から思えるようになったのです。

やっぱり目の前に人がいるのに話せないほど、悔しいことはありません。

 

目の前の人が何を考えているのかもっと知りたい。

人に興味を持たなかった僕が変わり始めています。

 

もっといろんな人と関わりながら

自分の引き出しを増やしたい。

これはsharehouseに出会ったメンバーの影響かもしれない。

ほんの2時間語っただけで、本音を喋れる。

二人で3時間話せたときは、本当に驚いた。

 

僕は、新たなステージで、

挑戦することで成長できると信じていた。

 

この概念はぶち壊された。

いろんな人と接するだけでも成長できる。

価値観が変わった瞬間でした(*^▽^*)

二つ目の手段が出来た。

 

 

もう一つのお話

今日はフランス人とお話ししたよー?

クレープってフランス発祥だったんだ!!

しかも日本とは少し食べ方が違った!!!

詳しくは、僕までww

 

あとは、恋愛感覚でも違うところがあるのかな?

いろいろ話をしていて思いました。

I miss you.

面白いね(*^-^*)

んーまたお話できるといいなー?

ということで、今日はちょっとした変化をアウトプットしてみました。