読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

美しい国へ

美しい国

安倍晋三

 

スイスのダボス世界経済フォーラム(通称ダボス会議)が開催されているそうだ。

日本の安倍総理は、日本の首相として初めて基調講演を行った。

世界から注目を浴びるアベノミクス

もう一度原点となる安倍晋三氏の著作を振り返ってみた。

 

印象は、やはり政治家っていうのは、賢い、知識が豊富だ。

僕のような凡人には、政治について意見する資格がない!

というくらい無知であることを痛感させられた。

 

それだけでなく、深く共感できる考え方もあった。

自衛隊の問題なんかもその一例だ。

 

 

特に僕なりにとても興味深かった箇所がある

少子化対策に大事なのは、子を持つことの代えがたい価値

家族を持つことの素晴らしさを発信していくべき

 

少子化対策の必要性が叫ばれ、様々な制度の充実が図られてきた。

企業にも育休制度の義務化が行われている。

(女性の社会進出という意味もあるけど)

でもやっぱり子供が欲しい、家族が欲しいということを思わせることが

少子化対策の一番になるだろう。

 

その他にも安倍晋三氏の考えが凝縮されている。

自国のリーダーが何を考えているのかということを

国民は知るべきだと思う。

アベノミクスばかりに注目が行く中で

そもそも安倍総理の政治家としての信念は何なのかを

みんな知ってほしいし、考えてほしいと思った1冊でした。