地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

会社を見る力!

先日カンブリア宮殿にも出演していたひふみ投信の藤野社長の記事! style.nikkei.comちなみに前職時代から、ひふみ投信さんは、利回りがいいということで、知っていました。※詳しくちゃんと知ったのは、今回のTVを見たタイミングです。 www.rheos.jp 藤野社…

銀行の人事制度

人事制度って経営戦略に大きな関連を持っているなと日々日々感じています。 diamond.jp 以前読んだ本でも、金融庁が考える銀行の目指すべき姿と 実際の銀行の姿の乖離について、学んだ経験があります。ちなみにこの本を元に前職の支店長と議論したことも懐か…

活性化するの定義とは?

読んだ記事 地方活性化と毎日叫ばれていますが、経済だけに着目しすぎなのではないでしょうか?島根県の観光活性化について、学生時代に携わった時に感じていたことですが、観光客と現地住民をどのように交わらせることで、化学変化が生まれるのかを化学する…

4年前の昨日。

社会人も3年目に突入です。4年前の昨日は、前職の銀行から内定を頂いた日でした。そして、実は同日に現職のライバル企業の「レイス」さんからも内定を貰った日でした。遅かれ早かれ、この業界に行くことを考えていたのかもしれません。 今でも考えることは、…

無限の商圏で認知度を上げる壮大なる実験

最近仕事で、EC事業について考えることが多くなっています。 ECの特徴とリアル店舗の違いについて、そしてネットで認知度を上げる壮大なる実験について、書いていきたいと思います。 唐突ですが、タイに旅行した時、感じたことがあります。 あの有名なカオサ…

日々の自分を振り返る〜ハードワーク(勝つためのマインド・セッティング)〜

慌ただしい2月が過ぎ(個人的に慌ただしかっただけ)、もう3月。そろそろ25歳になります。東京に来て5ヶ月。オフィスも移転し、目まぐるしく変化する日常に慣れてきました。変化が当たり前という環境です。日々の変化にまぎれて、いろんな大事なことが抜…

雑談が苦手なんです。

社会人2年目。営業。毎日経営者と対峙。テレアポで新規営業。雑談苦手。 致命的です。怯みます。どんどん自信なくしてます。どんどん自分を見失っています。 なんか東進の時にグル面が毎日上手く行かなかったのを思い出します。 大学の授業中もグル面の構成…

自分を変えるために

ずっと見ているものの変化には気づきにくいものです。 事実として、自分を変えたいと思いながらも、突然ダイナミックに変えることは、出来ないと思っています。特に自分を変えようと思っていなくても、人の細胞は入れ替わり、同じものであり続けているわけで…

変わり続けることが大事なんだ〜イトーヨーカ堂の業革〜

日本の小売業を変革し続けてきた鈴木敏文氏の物語。 diamond.jp こちらの記事からも読み取れますが、鈴木氏は【徹底的なマーケットインの戦略家】です。 お客様が変われば、仕事(商売)の方法を変える (イトーヨーカ堂業革委員会) 世の中に完成はなく、常…

あなたの判断基準は?〜稲盛和夫氏から学ぶ原理原則の判断〜

経営者は日々決断を繰り返します。 もちろん経営者だけでなく、人は毎日小さな決断を繰り返しています。 しかし、経営者は集団、組織の長として、 社員や社員の生活を背負いながら決断せねばならぬのです。 そんな状況に京セラの創業者稲盛氏でも、眠れない…

圧倒的な当事者意識から見えるものとは?〜「現場力を鍛える」〜

圧倒的当事者意識って懐かしい言葉です。カタリバで活動していた時、毎日難しいけど、挑戦していた姿勢です。今日は、製造業の現場で当事者意識が与える影響について、調査していきます。経験豊富な経営コンサルタントの著者が、経験からPJTの成功要因につい…

製造業の哲学?〜「日本のもの造り哲学」〜

出会い大学3回生の頃自動車産業の専門のゼミの教授から裏ゼミ(ゼミの一部メンバーの勉強会)で輪読本に指定されました。 当時の感想正直、当時は製造業に興味もなく…意味が分かりませんでした。強い現場と弱い本社の話を理解し、一貫性のあるクロスファンクシ…

BOOK〜ドコモを変えた男〜

昨日の「企業変革入門」に引き続き、日本の大企業ドコモの変革のストーリーです!本日の主役は、プロ経営者魚谷雅彦氏現在は、資生堂の代表取締役社長です。 goethe.nikkei.co.jp こちらの記事でも現場主義を大事にしておられます。 「マーケティングは本社…

BOOK〜アメリカ企業を変革した3人の男たち〜

アメリカの大企業を危機を救ったジャックウェルチ、ガースナー、ベスーンの企業変革のキセキから、とある日本企業復活の糸口を探る。 とある日本企業の危機の要因とは‥・数字の把握不足による利益感覚の低下【売上面】・生産性改善の徹底追求がなされていな…

「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす!

著:小室淑恵(ワークライフバランス代表取締役) ◯サマリー 仕事と私生活が相乗効果を生み出す状態をゴールと設定し、疲労困憊な職場を大改革。残業の要因は、仕事量ではなく、方法にあり、仕事を時間内に終わらせるにはどうすればいいのか考える。つまり、…

2016年を振り返る

あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願い致します。少しだけ2016年を振り返ります。ここ2ヶ月頭は常にオーバーワークでした。この年末年始ゆっくり見つめ直し、考え直す時間を持てました。振り返ってみる…

困ったときは、初心に戻る

前回記事でご紹介した「Pitch Perfect」 様々な苦難を乗り越えチームが一つになる作品でしたが、 3月24日に続編「Pitch Perfect2」がレンタル開始されていたんです! これは見るしかないと早速レンタルに! 前作は、様々な事件が起き、 一つ一つをクリア…

pitch perfect

Cupsのワンシーンが印象的なPitch Perfect 直訳すると 一分の隙もない という意味。 Riff Offが印象的ですが 圧倒的な個性をもったメンバーが、 その場で生み出す音楽 僕は大好きになりました。 個性が強すぎるメンバー リーダーのオーブリーは、完璧主義者 …

貯蓄から投資は成功するのか。

マイナス金利 インフレ 長生きリスク 政府が中心になり、お金を貯蓄から投資に移動させる政策に取り組んでいます。 銀行員である私も例外でなく、 預金を預かり資産にしてもらうために日々お客様とお話しております。 zuuonline.com さて、この記事のように…

ピーアールってなんぞ?

昨年の夏前に知った業界PR。 遅いって? PRという業界は、従来はそれぞれの企業の広報部が担っていた仕事なんでしょうね。 でも、高度化し専門知識が必要となり、業界が出来たんだと思います。 この業界で働くことに興味あります。 今、預かり資産の営業して…

時代は変化している。正常も変化している。

村田沙耶香さんの「消滅世界」に出てくるセリフ! 消滅世界の描く世界は、 現代とは、異なる家族、パートナー、セックスの概念が成立している世界。 男が子供を人工授精で出産していまう時代。 愛するはずのパートナーとの性行為を近親相姦と差別される世界…

ストーリーを作ること

名古屋まで、miwaのLIVEを見に行ってきました!!! かわいい!LIVEに行って感じたことは、 彼女はきっとストーリーの中に曲を作ることを意識してると感じました。 多様な生き方が存在する現代社会において、 ムーブメントを生み出すのは、 憧れではなく、共…

近所付き合いより大事なものってなんですか?

今日の印象的な言葉は、 お客さんが放った 「金銭的には、出費だが、付き合いとして必要な支出もある」という言葉でした。 あ、文脈が伝わっていませんね。 文脈は、近所の方と仲良くするために 「金銭的には、出費だが、付き合いとして必要な支出もある」と…

戦国の陣形

LINEもない、無線もないであろう 戦国時代ってどうやって戦況を見て、 戦略的に闘っていたんだろうって疑問に思ったんです。 しっかり学んだことはないけれど 経営者は孫子の兵法を読み、学ぶってよく聞くじゃないですか?? 聞きますよね???個人的には、…

資本主義の極意

同志社大学の大先輩佐藤優氏の著書!金融マンといて、商学部の人間として 対峙すべき資本主義について学びたいということで、 手にとった一冊! アベノミクスが目標とするトリクルダウンは、 歴史的に資本主義の世界では起きないと述べている 何度も繰り返さ…

Bridge Of Spies

今日は、Happy Monday ということで、 「Bridge Of Spies」を見に行ってきました!Tom Hank主演の米ソ冷戦期の人質を巡る手に汗握る作品! www.foxmovies-jp.com まず、久しぶりに英語に触れる機会でしたが、 使われている英語って本当にPlain Englishだなと…

新年の抱負

2016年新年の抱負!今年は、社会人2年目を迎え、年男! 今年のテーマは、 「今を生き、今決断する」 社会人1年目の去年は、投資の一年でした。 今年は、昨年の投資をコストとならぬように、 実を結ぶ一年にしなければなりません。 結果を求めます。 その中…

2015年~社会人一年目の総括~

2015年も早いもので、残すは10時間。 大学を卒業し、社会に荒波に揉まれ続けた後悔の一年でした。 本当に悔しい思いばかりです。 社会の常識が分からない。 もっと感じるままに行動しないと、 常に緊張で体が強ばっていることがよくわかります。 この悔しい…

諦める力

諦める力 為末大 成功した人がスポットライトを浴びている 成功した人の哲学は偉大だ。 だから、真似することは、悪いことではない。 でも、世の中の成功を手に入れた人間は極わずかだ。 成功の裏には、失敗がたくさんあるのが世の常だ。 同じ方法でも、失敗…

「通貨」はこれからどうなるのか

「通貨」はこれからどうなるのか 浜矩子 15,16日開催されるFOMCで 金利の引き上げという歴史的な転換を迎えるかも知れない週末に通貨について再考してみようと手にとった一冊。母校同志社大学の大学院で教鞭をいらっしゃる浜教授の3年前の一冊。当時の…