地方銀行員が東京のベンチャーで働いたら

新卒で地方銀行員になった少年が、1年半後東京のベンチャー企業で働くお話

40歳が社長になる日を読んでみた。

オープンイノベーション/働き方改革が叫ばれる中、
社長に必要な経験やノウハウ、スキルが変化してきている。

きっと今までは、業界の慣習の中でビジネスをすればいい。
業界を知っていることが一番のスキルだったのかもしれない。

話題のインダストリーコネクティッドが大きく関係しているのではないだろうか。
1つの業界に縛られない経験や、その経験を水平利用できる
場数を踏んだ人間がこれからの社会を創っていく。

また、日本人の穏便に事を済ませる文化にも著者は言及している。

AKBがここまで大きなムーブメントを起こしているのは、
「ゆらぎ」が組織を活性化させたことが要因だと述べている。
確かに。
下克上や常に緊張感を持たせる風土作り。

だからこそ、それぞれ強みを磨こうとする。
磨き続ける。
1位になろうとする。

その意識自体が、いままで日本の組織になかった文化なのではないだろうか。

【過小評価病】
このキーワードにも、考えさせられるものがあった。

要は、いい人に思われていても仕方がない。

そして、最近25歳なんですをフル活用している私にとっては、
耳の痛い一言でした。

自らハードルを下げにいって、何を価値発揮できるんだ?
まだ、25歳という概念を捨てなければなりません。

30歳でマネジメントなんておそすぎる。
26歳でマネジメントして、組織をぐるぐる回しながら、
仕組みづくりを出来る人間にならなければならない。

知らないうちに、銀行員時代の自分と比較して、
安住している自分がいると気づきました。

具体的な事例が盛り込まれているこの本は、
結構ヘビーだけど、内容がすっと入ってくる本でした。

30歳までに、40歳までに、まだ20代だからという
考え方をお持ちの方にぜひ読んでほしい一冊。

最後にこの本を課してくれた先輩ありがとうございました。

寝ながら稼ぐ。

周りでフリーランスで活躍する方と接する機会が多かったり、
フリーランスになる学生時代の友人が多いため、
どうやって自分自身のキャッシュフローを健全に保っていくかを
考える事が多くなっています。

 

稼ぎ続けるって本当に尊くて、銀行員時代はあまり考えていませんでした。
多くの人がいろんなものを抱えながら、明日のために、稼ぐ。


今、自分自身でやっているのは投資信託の運用くらいです。
保険は、固定資産なのであくまで備えですし。

そんな時に、ある社長様からオススメ頂いた一冊の本があります。

www.amazon.co.jp



寝ながら稼ぐという本です。
稼ぎ方が121載っていますが、
大事なことは、稼ぎ続ける仕組みを作ることと述べられています。

イメージは、キャッシュが流入し続ける川のような物を作り、
半永久的にキャッシュを生み続ける仕組みを作ることが
ビジネスにおいて非常に重要だと言うことです。

FCやMLMも、自社で営業組織を抱え込まずに、
手数料でキャッシュを生み出します。

さらに、自社を広めてくれる人が複数同時に存在するわけなので、
ビジネスも一気にグロースしていきます。

多くのベンチャー企業が掲げているプラットフォームを作るという
考え方も非常に近しい考え方で、プラットフォーム上で新しいサービスを
他社に生み出してもらいながら、魅力付も行えれば、
本当に勝手に手数料を計上し続けられます。

普段製造業のお客様と接する機会が多いので、
あまりこのような考え方に接することも少ないのですが、
面白いなと思います。
東京に来て思うのが、副業(2つ以上の収益源を持っている人)は、
非常に多いし、スタンダートなんだと感じています。

これがベンチャーだからこそ、感じているのか
それとも本当に東京のスタンダートなのかは、吟味が必要ですが。

改めて、複業の時代は近いかと思います。

ソフトバンクホークスの経営。

ソフトバンクホークス優勝おめでとうございます!!!!

松田選手が滋賀出身ということもあり、
勝手に応援してしまっていた球団です。

それ以上に、ソフトバンクは、選手の育成が上手く、
2軍のメンバーを見ても、優秀な選手ばかり!!!!

そんなソフトバンク球団の経営について、記事があったので、
ブログに書き留めてみたいと思いました。

前提、いままでのプロ野球は、本業の売上や知名度を向上させるための
球団運営という側面が非常に強かったように感じています。

鉄道系の球団は、球場に最寄りの駅を作り、マイカーでの来場を禁止し、
電車賃で稼いだり、魅力的なまちづくりを行い、
自社のサービスの補完的な役割を担っていたケースだったり。

もちろんソフトバンクも本来の通信事業の信頼性やシナジーも期待しているものの
野球球団運営でしっかりと黒字化を行うということに
取り組んでいる姿勢は、非常に興味深いものです
victorysportsnews.com

 

本拠地ヤフオクドームを球団で保有しているところにある。他球団の多くは、自治体や民間企業などから本拠地を借り、額の大小こそあれ、賃貸料を払っている。ソフトバンクもかつてはそうで、年間50億円にものぼる球場使用料を払ってきた。垂れ流しとなる巨額の球場使用料は経営を圧迫するだけで、どう考えても無駄だった。そこで2012年、870億円の巨額資金を投じて買収した。そこには、明確なメリットは存在する。 

ヤフオクドームを保有していることは、借金も増えるが固定資産も増える。
長期的に球団運営していく意志があるのならば、理にかなっているし、
イベント等の集客で、しっかりと売上を冬場に立てることも出来る。
※もちろん球場の維持の観点も必要になります。

www.itmedia.co.jp

 

この記事からも、活躍し、勝利に貢献するだけが給与に関係して来る時代は、
終わったのかも知れません。

時々1登板いくらとかのコスパについても記事も見ますが、
それ以上に球団イメージやファン、広告に貢献しているという点を
評価される時代が来たように感じます。

SNSやメディアが複雑に日常生活に絡み合う時代だからこそ、
選手やスポーツへの評価は複雑化しているように感じます。

そもそも成績で評価するより、いくら稼いでいるかの方が
経営的には健全な気もします。
スター選手がいるから、球場に足を運ぶ。
おそらく先発ピッチャーよりも野手、守護神の方が、
毎試合見れる可能性が高いので、経営に与えるインパクトは、大きいと思います。

スポーツ球団に対して、このような効果測定出来るノウハウ、経験をお持ちの方も非常に貴重な方かも知れません。




無印良品について考えてみた。

business.nikkeibp.co.jp

 

無印良品のブランドイメージは、シンプルな良い物だと思いますが、
逆で、無印にあるものはシンプルで良い物と世の中に定義付けしているように
僕は感じます。

ノートや消しゴムは、ずっと無印を愛用しています。
どこにでもある文房具は、無印にあるものだから、シンプルで良い物と
勝手にイメージしています。

さて、今回の記事の前半部分ではSCMについて、言及しています。

グローバルのサプライチェーンマネジメントは、前の中期計画では全くできなかった。今期からの計画では最優先の目標として掲げています。

なぜ出来なかったのか。

取引先、物流拠点、店舗をつなぐサプライチェーンで、売れ行きに応じてリアルタイムで商品を供給することができませんでした。我々はアイテム数が多く、ペンやスプーンといった細かい品もある。例えば1万本作らないと、原価が十分に下がらないこともあります。適正に在庫を増やそうとしても、売れないものも増えてしまう面があり、難しいのです。私もいけないのですが、担当者らに一時は『欠品をなくさなくては』というプレッシャーがかかったこともありました。17年2月期は在庫金額が700億円を超えてしまいました。

 在庫の金額が700億円。。。。

f:id:takahero14:20170918115900p:plain



f:id:takahero14:20170918115849p:plain

 

売上が3300億円程度なので、単純に棚卸資産の回転率が4回って、
結構少ないなって感じます。
さらに季節性のある商品も多く、次のシーズンに使えないものも多いと想定すると、
ここは、大きな経営課題になりそうですね。

ここの戦略が与えるインパクトは大きいので、
記事のように最優先事項ということは、ひしひし伝わってきます。

記事の後半では、暮らし方を売るという話が出てきています。
おそらく、IKEAニトリが大きな競合となると思います。

その中で、無印の世界観を多くの方にファンになってもらって、
身近な文房具や食品まで無印のファンにしていく。

ファミマや西友と同じグループだったりするので、
そのあたりのシナジーやカニバライゼーションをどう考えて、戦略を走らせていくのか
とても興味深い!

実現しているようなきがするけど、
無印の住宅やマンション、ソーシャルアパートメントの事業も生まれるような気がする!

時代にあった面白い企業で、日本を代表する新しい企業になりそうな予感がする!

 

 

 

仕事が遅い自分を客観的に見てみた。

最近、仕事が遅いなと感じます。

私の仕事は、他のメンバーと同じことをしているわけでもなく、
求められる結果は、社内のメンバーと同様ですが、
業界やクライアントが違うためにプロセスとしては、
比較することが難しい職場環境にいます。

diamond.jp


自分自身仕事が遅い。
優先順位の付け方が下手で、結果として現れない。
なんで周りの人は仕事が早いのか。

そんな風に悩んでいる人に、大きな気づきを与えられるかも知れない記事です。

マルチタスクの誘惑に負けてしまうのは、たいてい、他者の期待や要求に応じねばならないという義務感に駆られているときだ。

すると本来、自分が優先したいと思っていたことを後回しにしてしまう。そんなとき、あなたのなかにはたいてい「相手に高く評価されたい」という欲望があり、それが不安感を引き起こしている。

心の何処かで期待をしてくれている人全ての人に答えなければならない。
だからの目の前の。。。。。

きっと仕事ができる人は、絶対に評価されることを知っているんだと思います。
やらなくても、いいこと/あまり評価されないことを認識し、
ここの捨てる勇気を持っているんだと思います。

もっとシンプルに自分自身の行動に対して、
自分の軸で優先順位を付け、選択していくことが必要なんですね。

そのために整理をする時間は、必要です。
自分と向き合う時間。
寝る前の10分だけでいいから、実践したい。

全てを見ている人はいない。
最もインパクトの残せることに注力する。
諦めることも大きな戦略だと言うことを学べた記事でした!

出口流仕事の向き合い方!〜ライフネット生命代表取締役出口さんから学ぶ〜

前職で保険を売っていたり、日経新聞の土曜日の書評で
会ってみたい人ベストテンには、入っている出口治明さんの本物の教養を
読んでみました。

まず、ネットで生命保険!
この発想がすごい!

保険売るの大変なんです。
商品の説明もそうですけど、ルールが多い。
記入する書類が多い。
複雑。
はんこを押すところが多い。笑
訂正印を何度頂いたことか。外貨建てだと尚更。。。

www.lifenet-seimei.co.jp

 

そんなライフネット生命代表取締役である出口さんの
『本物の教養〜人生を面白くする〜』を1年ぶりくらいに読みました。



特に面白いなって感じたのは、最終章の考え方です!
一言で要約すると、
仕事をどうでもいいものだと思え。

ちなみにライフネット生命のことをご自身でベンチャーだとも語っているのは、出口さんです。
まず、我々人間は、
8760対2000の中で生きていると語っています。

え?この数字はなに?

この数字は、一年間の時間です。
365×24=8760時間で仕事に取り組む時間は精々2000時間くらいだろう。

そう思えば、仕事が全てと語るのは、可笑しいんじゃない?
仕事は、どうでもいいものだと思え。

やや乱暴ではありますが、ロジック的には、間違いではない。
しかも、この発想は職場にとってもプラスだと語っています。
この考えをしっかり認知するだけで、鬱病で苦しむ人の多くを
救えるような気もします。

というのも、奥村もこの思考です。

ここからは、個人的な思考ですが、
小学校以来小さなコミュニティーに属して育つ日本人は、
そのコミュニティーで失敗は許されない。
学校というコミュニティーは、仕事と同じような時間の比率ではあるけど、
ここで友達を失ったり、無視されたりするのは、
何がなんでも避けないといけない。

しかも地域密着の学校コミュニティー。
家族にも状況が知れてしまうと不安にさせてしまう。
そんなリスクを抱えているんじゃないかなと思っています。

この思考が仕事をどうでも思うことが出来ない。
けど、やりたいことがあるわけでもないので、生産性が上がらない。
そんな日本の状況を生み出しているんじゃないでしょうか。

これを根本的に解決するのは、2つかな?と思います。
職場以外のコミュニティーに属する。
本業以外でも収入を作る。

これなんじゃないでしょうか。賛否両論はあると思います。
けど、同じコミュニティーに属し続けることは、自分を苦しめてしまいます。

本書では、もう一つの考え方として、
人類の文明は、所詮カビのようなもの
という表現を出口さんはしています。

地球が誕生して46億年。
ホモサイエンスの登場は、20万年前。
日本列島で人類が確認されているのは、10万年前。
聖徳太子が活躍していたのも1500年前。

人間の能力はみんな「ちょぼちょぼ」
出口さんは、違う事例で述べていますが、
私も不思議に思っていることがあるんです!
人間が42.195㎞走ろうと思えば、どんなに早い人でも2時間を切るのが限界。
靴やコースがここ数十年で発展してきたとは言え、
1分、10秒のタイムを縮めることが人間の能力では、精一杯なんです。
黒人も黄色人種も人種が違うと言えども、
2倍も差があるわけではないんです。
10年前のオリンピックも。

42.195㎞という長さにも関わらず、そんなに大きな差は生まれない。
もっと言えば、200㎞を10人でタスキをつなぐ箱根駅伝も首位争いは、
1分以内だったり。
人間の限界は、ある一定決まっていて、そんなに大きな差はない。
だから、紙一重なんです。

改めて、割りと成功者と失敗者の差は、紙一重何じゃないかと思っています。
そんなこんなで勇気を貰えた土日。
その他にも、南場さんの不格好経営も読んだので、
近いうちにサマリを書きたいなって思います!

ホッピーの経営改革について学んでみた。

今週は、体調を壊しており、転職してから、初めてお休みを頂きました。

パソコンの充電も持って帰っておらず、
熱も半端なく高く、しんどかったのでほとんど寝ていましたが、
読みかけのこちらの本を読破しました。


まず、ホッピーという飲み物、皆さんご存知ですか?
東京に来て、とうもろこしチューハイに驚いたのと同じくらい
ホッピーってなんだ?と思った飲み物でした。
消費の8割が首都圏なので、関西で目にすることが珍しいのも当たり前ですね!

matome.naver.jp

www.amazon.co.jp


さてさて、こちらの本を読んで感じたことが、3点です。
◯行動することが大事
◯環境を整備すること
◯内部を変えるために外部からの圧力(メディア露出等)が重要

 

上記の2つって当たり前だけど、
自分はこれだけやっているから大丈夫だろうって
勝手に限界決めてしまっているなって痛感しました。
行動すればするほど、新しい発見や機会が増えるし、
その際に、何かを提供できる人間にもならないといけないと
強く感じました。

まずは、外部の方との接点を増やしていきたいなっていうのと、
自社のサービスに拘らず、お客様に何が出来るのかという
ゼロベース思考!出来ることを行動すればいいんだ!
非常にシンプルな答えに行き着きました。

将来的には、クライアントとクライアント同士が
一緒にビシネスやイベントをしてくれたら、
超−ハッピーだなって密かに思っています。
もっともっと妄想してもいい仕事なのかもしれません!

3つ目については、
内部を変えるために、外部からどのように見られているかであったり、
誇りを与えることで、仕事に対する接し方が変わってくることを学びました。

意外と盲点で、新しい解決方法と成り、提案のバリエーションが広がった
これは、明日から早速活かしていけそうな知識です。

ゴーンさんのような壮大な経営改革の本から学ぶこともあるけど、
小さなブランドを大事に大事に磨いていく中小の経営者の話は、
非常に心打たれるし、生々しいところまで知ることが出来るのは、
事業会社を経験していない僕にとっては、非常に学ぶことが多いです。

この本を読んで思い出したのは、
ジョブズの点と点は繋がるというスピーチ。

行動したことがいつ繋がるかなんて分からないと思います。
大学時代に繋がった方と最近仕事上で繋がることも多く、
恐れず人に会いに行き、自分を覚えてもらう、
そんな気持ちを大事にしたいものです。